就職 転職イメージ

就職・転職を考えるあなたのために

憧れの職業

小さなころに憧れていた職業を、今でも覚えていますか。運動が得意な男の子の場合、サッカーや野球などのプロスポーツ選手に憧れる子が多い傾向があります。一方、女の子が憧れる職業の上位には、看護婦さんや保母さんなどの職業があるといいます。憧れの職業アンケートでは小学生の場合は男の子の一位がサッカー選手、女の子の一位はケーキを作るパティシエだそうです。年齢が高くなるにつれて、憧れの職業の内容も徐々に現実に即してきます。スポーツ選手やパティシエのような見映えのする職業は、中学生以上を対象にした憧れの職業ランキングからはなくなっていきます。その代わり、給与が高い職業や社会的な地位がある職業、自分の興味関心に近い分野の職業に対する憧れを抱く人が増加していきます。医者や教員が憧れの職業だという人は大勢います。子供の頃は漠然と教師、医師だったものが、年齢を重ねるに従って内科医師、理科教師というように希望内容が限定されていきます。高校では、文系、理系と学習内容が異なるカリキュラムも登場してきます。大学入学時にはより細かく学科や学部が分かれ、受験の際には選ばなければなりません。大学受験の段階では、既に憧れの職業とは何であり、自分は何を目指すべきかが見えるようになります。

憧れの職業と就職

小さな頃は夢を追いかけていた人でも、中学生、高校生になれば憧れの職業は様変わりするものです。憧れるだけの職業ではなく、実際の就職先として射程距離に入ってきます。文系、理系と分かれる必要が出てくる高校生の時点では、将来的にどんな職業につきたいかが徐々に明確になります。望むと望まざるとに関わらず、新卒者の採用率が低い年代でも、就職先を見つけて働かなければなりません。職業は憧れるものではなくなり、自分のできることや能力に合わせて、どんな職業につくか、どのように就職活動を成功に導くかが重要になってくるものです。憧れの職業を優先できず、全く別の職業につかざるをえない人もいるでしょう。憧れの職業より高収入の職業を選ぶ人もいます。就職活動の方針にも関わってくることなので、事前に自分の考えを明確にしておくことがポイントになります。新卒者の就職動向を見る限りでは、どの業種でも大手企業への就職を希望するという大学生が多く、大企業への憧れが強いことが推測できます。高い年収が期待でき、待遇が安定している大企業へ就職したいと考えている学生は多く、事実求人数に対する希望者の倍率は相当なものです。近年は経済情勢の悪化も手伝って、公務員になりたいという人も多いようです。潰れにくい会社、収入が安定している会社などを基準に、憧れの職業を決めている人も多いようです。

憧れの職業と現実

子供のころから憧れていた職業につくことができればいいですが、現実はなかなか憧れ通りにはいかないものです。子供の頃はただなりたいという憧れだけで職業を選ぶかもしれませんが、成長するにつれ実現可能性を踏まえた職業選択になります。漠然と憧れてはいたものの、収入や仕事のありようが希望とずれていることがわかり、他の職業を探すという人もいます。多くの人が憧れる職業として、お金がたくさん入り、地位の高いとされる医者や弁護士があります。しかし、希望通りに就職する人は一握りです。資格を取ることが難しいという面もありますし、医師は職場環境がとても厳しいという事実もあるようです。事実を知って、憧れていた頃に抱いていたイメージと異なると感じる方もいます。弁護士は、なれたからといって高収入が確約されている職業ではありません。努力のかいがあって憧れの職業になれたものの、収入や待遇がイメージと大きく違っていたという人もいるようです。経済状態が好調な時代、特にバブル経済期は求人数が圧倒的に多く、採用内定を得ることは簡単なことだったとされています。バブル経済期と異なり、今では憧れの職業がどうこうというより、就職できればどこでもいいという状態のようです。就職に有利というだけで理系に進む学生も少なくありませんし、大学入試でも理系学部を希望する人が増加しているといいます。とはいえ、理系に進めばそれだけで就職先が選びやすくなるということはありません。憧れと現実とのギャップを埋める必要はいつでも存在します。

自分に向いた仕事

自分はどんな仕事が向いているのか、どんな仕事をこれからしていきたいのか。まず自分の適職は何なのかを、就職先を探す時は多くの人が検討するはずです。自分のことを自分が一番良く知っているとも限りませんし、好きな仕事と向いた仕事が必ずしも一致するとは限らないでしょう。身近な人から意見を聞いたり適職診断などを受けて、多角度から仕事について検討してみてください。仕事の分野で興味があるものは何か、物づくりか人との交流かデータの分析か。世の中には様々な仕事があるのです。自分に向いた仕事が1つとは限りません。適職診断や自己分析で出した結論が正しいとも限りません。何が自分に向いた仕事なのかはやってみなければ分らないこともあるのが、実際のところです。何もかも事前に仕事の内容を想像することはまずできるものではないのです。自分に向いた仕事を就職前に決めつけすぎる必要は無いのかも知れません。慣れてさえくれば仕事の面白さがわかり、自分に向いた仕事にすることができることもありますので、実際に仕事をしてみることも大事です。自分に向く仕事とは案外と幅があるものです。自分に向いた仕事を探す時は、あまり1つの業種1つの仕事にこだわりすぎないことも必要かも知れません。

自分に向かない仕事

どのような仕事が自分に合う仕事と言えるのでしょうか。自分に合わない仕事とはどのような点が合わないのでしょう。仕事を簡単に辞めてしまう人がいますが、その理由は自分に合わないからだといいます。なかなか就職先が見つからず、今の仕事に妥協を重ねて就いたものの、結局は納得がいかないと退職してしまう人もいるでしょう。案外少なくないのは、今の仕事がうまくできないのは、自分に合わないからだと思いながら仕事をしている人たちです。どんな仕事が合うか分っていて今の仕事が合わないと感じているのなら、次の就職活動の原動力になるかも知れません。同じ思いを次の仕事でも抱く可能性は、自分に合う仕事が分らないまま漠然と今の仕事が合わないと思っているなら、十分にあるといえるでしょう。仕事が自分に馴染むことが、一度は合わないと感じた仕事でも、一生懸命に今の仕事に真剣に取り組めばあるでしょう。自分の仕事が気づけば好きになっていたと言う人も多いようです。問題点を仕事のどこが合わないか具体的に、仕事に一生懸命になってみても自分に合わないと感じるようなら、考えてみることです。人間関係や職場環境が問題であるなら、仕事が合うか合わないかは関係ないのかも知れません。一生懸命になって仕事をせずに、何となく自分には仕事が合わないと感じているなら、まずは仕事を一生懸命やってみてはいかがでしょうか。